血圧高めにはわかめペプチド

高血圧は万病の元。わかめが血圧を下げる

先日地区の市民運動会がありました。
小学生だけでなく、地区の老若男女が集う地区運動会。
普段会わない人とも会話できるチャンスです。

 

運動はしないけれどもリレー大好きな
我が義母ももちろん参加。
ご近所さん同士で話がはずみます。

 

しかしお互い高齢者。
会話はどうしても病気(持病)のことに。

 

腰が痛い、
足が痛い、
血圧が高い、
などみなさんそれぞれ言いたい放題。

 

その中での義母も薬を飲んでいる高血圧について
勉強になる話が聞けました。
家にあるこの食材が血圧を下げてくれるそうですよ。

 

びっくりワカメパワー

お味噌汁やおうどんには欠かせないわかめ。
常備している家庭も多いですよね。
我が家も増えるわかめ(乾燥わかめ)は常備品です。
手軽に汁物にプラスするわかめですが
なんとわかめの中のわかめペプチドには
血圧を安定させる成分が豊富にあります。

 

わかめのたんぱく質を分解してできるわかめペプチドは、
血圧を下げる効果のあるブラジキニンを守ってくれます。
さらに血圧をあげる効果のあるアンジオテンシン変換酵素の働きを
弱めるので、血圧が上がりにくくなります。

 

難しい名前が続きましたが、要は
・血圧を下げる働きを助ける
・血圧を上げる働きを抑える
わかめにはこのような働きが隠れていたのです。

 

なぜ高血圧は悪い?

70歳近くのおばあちゃんたちが盛り上がっていた高血圧。
高齢になると高血圧になるのでしょうか?
どうして高血圧に気をつけないといけないのでしょうか?

 

心臓は毎日休みなく血液を体内に流し続けています。
血管には圧力が常にかかっているのですね。
血が流れにくいなどトラブルがあれば
心臓から送り出す力も強くなります。
それだけの強い圧力を常に受けている血管は
圧力に負けないようにと血管の壁を厚くします。

 

壁が厚くなった分血液の通り道が狭くなる、
さらに圧力をかけて血液を流そうとする、
この悪循環で心臓や血管に負担がかかります。

 

そうするとある日突然、血管が詰まったり
破れたりします。
心筋梗塞や脳卒中を引き起こすきっかけとなります。

 

たかが血圧が高いくらいで、
と甘く考えてはいけないのです。

 

50代の半数は高血圧予備軍と言われています。
私もそう遠くないので、
今からケアしておいた方がいいのかも。

 

わかめもいいけどサプリもね

わかめペプチドについて教えてくれたおばあさんは
お孫さんから教えてもらったそうです。
味噌汁や食事にわかめを積極的に取り入れるようになったそうですが
毎日食べるのは結構大変。

 

そこでお孫さんが探してきたのがサプリメント。
おばあさんにはなじみのないサプリメントですが
薬なら飲みなれていますよね。

 

そんな感覚で、1日4粒だけ飲んでみたら、
とわかめペプチド粒タイプをもらったそうです。
まだ2週間飲み続けただけなので
目立った変化はないようです。
それでも毎朝の測定で数値が落ちついてきた気がする、
と言ってました。

 

これには他のおばあちゃん達もすぐに反応。
薬と一緒に飲んでもいいの?
飲みにくくない?
と質問攻めにあっていました。

 

サプリメントは薬ではないので問題ないと思いますが
薬との相性もあるかもしれないので
医師に相談してから飲んだ方がいいね。
などさらに会話が盛り上がっていました。

 

もちろんわが義母も帰宅するなり
サプリメントはどこで買えるのか?
と聞いてきました。

 

健康になるならいいか。
と主人と相談してプレゼントしたので、
今後の経過が楽しみです。